変形性股関節症について

変形性股関節症は股関節に発祥する慢性の関節炎で、股関節症とも呼ばれます。中高年女性が抱えている股関節の痛みの9割以上は、変形性股関節症が原因となっています。

股関節には受け皿のような部位があり、大腿骨の先端部分が納まるようになっています。大腿骨側の軟骨部分に摩擦が生じて磨り減ってしまうと、股関節が変形し炎症が起こります。加齢や体重の増加で関節に負担がかかると、軟骨が減りやすくなります。

放置していると様々な症状が出る場合も

日本人の場合は形成不全や先天性の股関節脱臼、炎症や外傷の影響で生じる二次性股関節症が多いです。

小さな子どもは股関節脱臼を起こしやすいため、生後4ヶ月のときに股関節の状態を検査します。形成不全を放置していると、20歳前後で股関節に痛みなど様々な症状が出てきます。

診断は単純X線写真を撮り確定します。初期の場合は関節が変形しているだけですが、症状が進むと関節の隙間が狭くなることもあります。

股関節に負担のかからない体づくり

変形性股関節症と診断された場合は、負担をかけないように大切に使うことが重要です。

体重が増えて関節に負担がかかる場合は、ダイエットをする選択肢も出てきます。痛みがあると筋肉が衰えてしまう人が多いので、水中で歩行するなど無理のない運動を行います。運動は痛みを誘発する可能性があるため、最初は慎重に始めて徐々に強度を高めていきます。

変形性股関節症の治療は保存療法が主流ですが、保存療法でも症状が治らない場合は、手術療法を考えることになります。

変形性股関節症でお悩みの方は当院へお任せください

変形性股関節症でお悩みなら心身堂鍼灸接骨院 守山院にお任せください。

変形性股関節症の原因は様々なものがありますが、その中でも代表的なものには上記の原因が考えられます。将来的には、患者様ご自身が自立されて当院を卒業して頂くために的確な施術治療を行います。

変形性股関節症でお悩みなら一度当院へご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

電話 電話 ネット予約 LINE予約
  • 店舗画像
  • 営業時間

    休診:日曜日

心身堂鍼灸接骨院・整体院 守山院

住所:〒524-0012 滋賀県守山市播磨田町391-2