足底筋膜炎について

足底筋膜炎は足への負担がかかる事で発症する事が多く、主にスポーツ障害としても認識されています。ランニングやジャンプという動作の繰り返しで、足底への圧迫とショックが負荷となりますので、走る時間の長いマラソンランナーを始めとしてジャンプ動作が多いバスケットボールなどの競技者にも多く見られます。

スポーツによる足への体重刺激や、繰り返しの牽引刺激などが大きな原因となって足底筋膜炎を引き起こしているのが特徴です。

足底筋膜炎の原因

スポーツ競技者以外でも日常生活における足底筋膜炎の原因もあり、中でも立ち仕事を長時間している方は注意が必要です。サービス業やレストランの厨房、また家庭でキッチンに立つ方も、体重を支え続ける事で長時間足の裏に負担を掛けている事になります。

肥満体型で体重が重い場合はもちろん足底筋膜への負担が増加しますし、クッション性の低い、底が薄めの靴なども足への衝撃が増える事に繋がります。

加齢による足底筋膜炎

加齢によって足の筋力が落ちていくと、身体の重心が後ろへ傾いていくという傾向があります。重心が後方へ傾く事で足のかかとに負担がかかり、足底筋膜にも負荷がかかって悪影響となるのです。加齢による筋肉の低下は足だけの影響ではなく、足底筋膜そのものの柔軟性の低下にも繋がります。

筋力や柔軟性がなくなっていくと、牽引力が強くなりますので負担も大きくなっていきます。また足首の関節は、スポーツなどの着地時の衝撃を吸収して和らげる役割がありますので、この関節が硬い場合はうまく衝撃が吸収されない事があります。そのため直接足裏まで衝撃が伝わってしまい、足底筋膜炎を引き起こす原因ともなっていきます。

足底筋膜炎は当院へお任せください

加齢により筋力や柔軟性がなくなっていくと、牽引力が強くなりますので負担も大きくなっていきます。症状が悪化する前に当院へお任せください。当院では患者様に合わせた施術を行ないます。足底筋膜炎でお悩みの方は是非当院へお越し下さい。ご来院お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

電話 電話 ネット予約 LINE予約
  • 店舗画像
  • 営業時間

    休診:日曜日

心身堂鍼灸接骨院・整体院 守山院

住所:〒524-0012 滋賀県守山市播磨田町391-2